手軽に引っ越しをするためには

一番手間のかかる荷物は業者に任せるのも手です。

手軽に引っ越しをするためには

手軽に引っ越しをするためには

引っ越しの準備というのは何かと大変なものです。
業者を決めるにしてもそうなのですが、荷造りをするのに1番時間がとられるようになるでしょう。

 

普段生活している状態のまま、荷物を運んでもらうことも可能ではありますが、当然それができないものもあります。
洋服の詰まっているタンスやクローゼットにぶら下がっている服、靴や、食器などがその類に入るでしょう。

 

ハンガーにかかっている服を1つずつ取り外してダンボールに詰めたり、食器棚に入っている皿などを1枚1枚新聞紙などでくるんで箱詰めしたりというのがその対処法になるわけですが、こういった面倒な手間を極力省き、荷造りを楽にする方法があります。

 

それは、食器や衣類などを専用の箱に入れて運ぶサービスを展開している引っ越し業者を選ぶことです。

 

 

衣類や靴などに関してはいくつかの業者がサービスを行っているのですが、食器に関しては現在ではアート引っ越しセンターのみの取り扱いになっています。

手軽に引っ越しをするためには

 

手軽に引っ越しをするためには

ですから、食器類が多く、1枚1枚包むのが面倒という場合には、アートで引っ越しをするのが1番手軽に引っ越せる方法になります。

 

もちろん、ハンガーにかかっている服をそのまま運んでくれるサービスもありますので、引っ越しの荷造りの負担がかなり軽くなります。

 

 

ムダな箱を出さない、ゴミを出さないという“エコ”の観点から開始されたサービスですが、引っ越しをする人の立場としても労力のエコになるありがたいサービスなので、手軽に引っ越したい人は是非利用することを検討してみましょう。

 

引っ越しを安く済ませたいなら

 

引っ越しはできれば手軽に済ませたいもの。
それは荷造りだけではなく、費用に関しても言えることでしょう。

手軽に引っ越しをするためには

ただでさえ、引っ越し先の敷金や礼金、1か月分の前家賃などというのがかかってしまうわけですから、引っ越し料金は安ければ安いほどありがたいものです。
中には、引っ越し先にかかる費用よりも引っ越し料金が1番の負担になってしまっているケースもあり、業者をしっかり比較することはとても重要なポイントになります。

 

できる限り安く済ませたいのであれば、基本的には見積もりの際に業者を徹底的に比較して交渉するしか術はありませんが、これが単身での引っ越しとなれば他に方法も増えてきます。

 

その1つが、“引っ越し業者のスタッフ数を減らして自分が手伝う”という方法です。
とはいえ、どの業者でもこれが可能になるわけではありません。

 

手軽に引っ越しをするためには

引っ越し業者としては、それぞれ見積もりをして車の大きさなどを判断し、その上でスタッフ数が自動的に割り当てられる仕組みになっています。
つまり、こちらからスタッフ数を指定することはできないのです。

 

ここで注目したいのが、元々のプランが車の運転手1人という業者です。

 

代表的なところでは赤帽が挙げられます。

手軽に引っ越しをするためには

 

手軽に引っ越しをするためには

運転手1名のみが来るので、荷物の積み下ろしなどは全て自分と運転手の2人で行うことになります。

 

家族での引っ越しでは荷物が多くなってしまい、赤帽のトラックには乗り切りませんので、どうしても利用することは不可能になりますが単身の引っ越しであればそこまで家具の量もサイズも大きくなく、自分がスタッフ代わりに動くことで費用を大きく下げることができます。

 

移動の距離などにもよりますが、スタッフを2名以上用意する業者に比べれば当然料金は下がりますから、リーズナブルに引っ越しを行うことができます。

 

ただし、あくまで運転手1人しか手伝ってくれる人がいませんから、女性など力に自信のない人では利用しづらいということを覚えておきましょう。

 

 

多少の重たい荷物であれば運転手が運んでくれるでしょうが、洗濯機や冷蔵庫などどうしても1人では運べないようなものを運搬するのに手伝えるだけの力がなければ作業ができないので、その場合は利用することはお勧めできません。

 

きる限り安く引っ越したいのであれば人件費を削減したこの方法をオススメします。

サイトマップ

Copyright (C) 2014 手軽に引っ越しをするためには All Rights Reserved.